【バンコクの週末マーケット】ボラれた思い出と明朗会計の心地良さ

Pocket

◯◯食べ放題!◯◯◯円ポッキリ!

なぜ人はこのキャッチコピーに目を奪われるのか、こんばんは、旅次郎です。

今日はゲストハウスの人がおすすめする週末マーケットを教えてもらったので、早速行ってみました!!

Chatuchak Weekend Market

※土日のみ

OPEN 8:00~

CLOSE 18:00~(お客さんの入り次第で時間前後します。)

場所はMRT「Kamphaeng Phet」を2番出口を出たらすぐに見つかります。

ちゃんと案内板があるので安心ですね

普通に一周りするだけでも数十分はかかりそう。

クレープの生地にソーセージが入った食べ物(10バーツ)

範囲も広く、食べ物はもちろん、服、雑貨、美術品など見ごたえ、食べごたえ、買いごたえがあるマーケットでした!

しかし、ここの何が良いって・・・

多くの店がちゃんと値段を表示しているところです。

先日、パンツの件でカオサン通りにいた時は、スーパーで300~400バーツのパンツが1000バーツで売られています。まったく同じ商品ではなかったので単に素材の違いなのかはわかりません。

ただ、(こいつ知らないからふっかけてやれ)というような悪意があるなら悲しいですね。こんなことを考えていると、他の東南アジアでボラれた苦い思い出が蘇ってきます。

 

・ウブド(インドネシア)のサンダル(はじめ12,000円→300円に)

・ホイアン(ベトナム)のバイクタクシーでゲストハウスまで

(2,000円→400円 ※後で知った相場は150円だった)

 

知らぬは罪、色々と考えさせられます。

そういえば、帰りにターミナル21でシュークリーム(32バーツ)を食べました。クリームも手作り独特の味で日本の味と相違なかったです!

(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください