ハジャイ→バターワース→ペナン島まで列車の行き方(タイムスケジュール付)

Pocket

 

(昨日のバンコク→ハジャイ間の続きのようなものです)

旅次郎です。

今回の旅も残すところわずかとなりましたが、この道のりも列車で行くことにしました。

バスもありますが、個人的に鉄道の旅が1番好きです(自己都合)

しかも列車の方が安いです(バスは宿泊先聞いたら450バーツでした)

それに、列車の方が旅情があって良いですしね。

では本題です!

スポンサーリンク


チケット内容
ハジャイ(7:00)→バターワース(12:55)
2等席(エアコン)/332バーツ

 

6:02 ハジャイ駅

 

6:04 チケット購入


ここで注意です。ハジャイも御多分に漏れずクレジットカードを利用できますが、最低500バーツの料金から利用が可能になります。(インフォメーション談)

 

8:03 列車到着→乗車

列車が来るときはベガみたいな駅員がホイッスルを鳴らします。

1時間遅れでやってきました。仕方ないですね、日本じゃないですから(前にも書いたような・・・笑)。結局、私は6:00に来たので2時間待ちか・・・

チケットには座席番号が書いていますが、ただの飾りです。実際は荷物で陣取ったり、チームプレイかましてきたり奪い合いになります。

 

8:10 発進

 

8:15 両替商が車内へやってくる
40バーツ(126.49円)→4リンギット(107.94円)

・・・

レート悪っ!!

 

まあこれは私もバターワースからペナン島までの連絡船までのお金が必要だったのと、手持ちのバーツがこれしかなかったのです。両替商はコインを持っていないと思われますので両替は計画的に。

 

8:25 駅員がチケット確認に来る

 

9:13 停車→タイのイミグレーション


ここで前のカナダ人が滞在日数オーバーということで受付の人が離れ、だいぶん時間を喰いました、私はこの列に並んだことを悔いました。

 

9:35 マレーシアのイミグレーション

(ささやかに置かれている免税店の席です)
私が列車にした理由として上記の理由の他に、列車だと両国のイミグレーション間が同じ部屋なので簡潔に完結するのがイイね!と感じたからです。バスだとたしか離れていたような・・・

そして、この出入国のスタンプですが・・・

早っ!!(笑)

前のカナダ人と比べてまるで自動ドアでした。こんな早いのは台湾以来です!

9:49 再発進
汽笛が鳴ります。風情があっていいですね。

 

9:53 再び駅員がチケット確認に来る

ここから先のバターワースまでの駅の到着時刻を記します。

10:07(※11:07) ARAU

10:34(11:34)  AIOR SETAR

11:09(12:09) SUNGAI PETANI

11:34(12:34) BUKIT METAJAM
この駅を発進すると駅員が「バターワースまで15分」と言いに来ます。

マレーシアはタイより1時間早くなります。

 

11:48(12:48) バターワースに到着

到着した時に感じた海の匂いが久しぶりで心地よかったです。

ここから連絡船まで少し距離があるので歩きます。

 連絡船:1.20リンギット(マレーシアの通貨)

 

あと、連絡船から人や車が出てくるのでしばらく待ちになります。

 

12:30(13:30) ペナン島への連絡船に乗る。

 

12:55(13:55) ペナン島に到着

しかし、1時間遅れたのに1時間早く到着するとはタイ国鉄さん。どういう了見だ?(到着時刻はマレーシアの時間かもしれない)。

 

まとめ

・バターワースのチケットは6:00から販売だが、そんな早く駅に行く必要はない

・クレジットカードは500バーツから利用可能
・チケットに書いてある座席番号は飾りです。実際は奪い合い
・車内の両替商のレートは悪い

 

cropped-458d7a737dc021512ff6c8b3eff6d367-1.jpg

おあとがよろしいようで!

旅次郎

(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
Pocket

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください