コミックスタジオ(comic studio)からクリップスタジオ(clip studio)に移行した理由(神戸次郎の場合)

Pocket

スクリーンショット (159)

(こんなのEX買えって言ってるようなものですやん!)

 

こんにちは、神戸次郎です。

 

さっそくですが、悩みました・・・

 

コミックスタジオ(コミスタ)からクリップスタジオ(クリスタ)に移行しようか悩んでいました。

 

その結果、クリスタに移行することに決めました。

 

どういう心の葛藤があったかと言いますと、まず、値段ですね。


CLIP STUDIO PAINT EX を購入するのにはいくつかありまして・・・

 

・パッケージ版 36500円(↓通販サイトならもっと安いです)

・ダウンロード版 23000円


・バリュー版
    1000円×24か月 (24000円)または 500円×50か月(25000円)

 

・・・ちょっと気軽に買うには勇気がいるお値段です。

 

 

スクリーンショット (160)↑私が描いた(夢色幻想曲)

次に、私は既にコミックスタジオを使用しています。しかも漫画を描く上でコミスタに特に不満はありません。このままコミスタでろくにイラストも描いていないうちに次の段階へ?それはどうなの?と自分にセルフツッコミが入りました。

 

ですが、これからカラー原稿を描いていきたい気持ちの中で、漫画用に特化してあるコミスタよりもクリスタ充実していることも確実です。

 

環境は人を変えます。それは良いにつけ悪いにつけ両方の意味で。最高の環境を与えられたなら脳内から出てくる言い訳の数々も鳴りを潜めることでしょう。

 

値段も月額500円プランもありますし、缶ジュース5本分をケチって変化を恐れる・・・というのはあまりにも浅い話。

 

だから私はクリスタに移行することに決めました。

 

というか・・・

 

 

 

 

 

 

20160325_022810897_iOS

もう公式リファレンスブックを買いました!

 

勢いって怖いですね(笑)

 

今回は移行した自分の気持ちの話を伝えました。しかし、クリスタも完全上位互換なのかと問われれば、やれ「メモリが重い」とか「漫画原稿にはまだまだコミスタの方が良い」などの話を聞きます。これはもう使用してみないとわからないですね。

 

というわけで、ダウンロードの方法や使い心地がについては、また近日中に書きます。

 

このサイトを見てくれてる方。そして、同じような悩みを持っている方。私の今後で背中を押すことができたなら嬉しいっす!

 

 

スクリーンショット (158)

これからこのデジタルキャンバスにどのような世界を描いていこうか・・・

 

 
(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!

Web漫画 ブログランキングへ
Pocket

結局、ネームの描き方ってこんなもの。Trans Porter!38→42/42P<完結>

Pocket

%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%8a%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a00038-min %e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%8a%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a00039-min %e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%8a%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a00040-min %e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%8a%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a00041-min %e3%82%bb%e3%83%a9%e3%83%94%e3%83%8a%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%80%80%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%a00042-min

 

 

そんなわけでこのTrans Porter!(ネームだけど) もひとまず完結することができました!パチパチパチ!!

 

とまあ自分で拍手を入れたわけですけれども(笑)

 

42P・・・思い返せば長い道のりだったと毎ページ、リフレインしながら作っていました。

 

ちなみにこれが神戸次郎的ネームですが、ネームというのは人それぞれ描き方がありますよね。必要最小限の情報(絵)しか描かない人もいれば、もっと描きこんでいく人もいる。

 

・文字で書きながらテーマやストーリーを構成したり。

・一番見せたいシーンをイメージしながらそこへつなげるためにはどうすればいいか思考したり。

・キャラデザインをしながら「こいつはこんなキャラかな?」とキャラクターで話を広げたり。

 

日本には1億数千万の人がいます。そして、それだけの考え方や価値観があるわけで

 

すべてはあなたの自由です。誰にも止める権利はありません。巷にあふれているHOW TO 本を参考に自分の作り方を構築していくのが一番良いと考えます。

 

 

・・・と偉そうなことを言いながら自分に言い聞かせているのは秘密のハナシ(笑)

 

ただ、出版社さんはビジネス。「新人の内は描きこんでくれたほうがわかりやすい」と言われたのは良い思い出です。

 

漫画家志望の方で既に担当の編集者さんがいらっしゃる方やネーム持ち込みOKの出版社さんに持ち込む際はそれを片隅にいれておくと有利ですね。

 

まだまだネームはあるので模索しながら発信をしていこうと思います。

 

彷徨いながらより良いものへと高めていく・・・

 

そう、それが・・・

浪漫への道!!

 

 

・・・こんなオチでいいのかな?

 

 

完結しただろ?まとめて読んでやるよ!そんなガッツリ系のあなたはこちらをクリック!

 

 
(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!

Web漫画 ブログランキングへ
Pocket