【NZワーホリ】ウェリントンの室内プール「Freyberg Pool & Fitness Centre」の風呂・サウナでもリラックスだ!

Pocket

旅次郎です!

前回の オークランドの室内プール「Tepid baths」の風呂・サウナでリラックスだ!【NZワーホリ】 に続き、NZの首都、ウェリントンのプールの話です。

・プールで泳ぎたい方

・風呂サウナで汗を流したいかた

の参考にしてみてください。では!

 スポンサーリンク


「Freyberg Pool & Fitness Centre」

営業時間:6:00~21:00

土日もこの時間帯の様です。金曜日の17:30~20:30はレッスンが入りメインプールが使えなくなるので注意してください。

 

入場・使用料が少し複雑です

使用料は施設別に分かれています(下記の通り)

 プール:6NZD

 

風呂(bath)5NZD

サウナ5NZD

スチームサウナ5NZD

ここでは、1つ1つの施設に料金がかかります。しかし、プールだけの利用ならオークランドのそれよりもお得に入れます。

 

セットプラン、あります!

全部使う方に5.5NZD安くなるセットプランがあります。それでも15.5NZDですが、ニュージーランドの生活に慣れてくるとあんまり気にならなくなります。

 

代金を払うとリストバンドを巻かれます。使用する施設によって色が違います。(全部セットは赤色です)

さらにお得になるLeisure Cardもありますが…(下記記載)

 

施設はどんな感じ?

33mプール✕6レーン ※注意※メインプールの奥側の底は足着かないので泳ぎの得意でない方は気をつけてください!

 

・ジャグジー×2

・サウナ

・スチームサウナ

ここのスチームサウナはオークランドのTepid Bathsより狭いので、その分スチームが充満し、暑い仕様になってます。

サウナ室の上にジャグジー風呂が2つあります。ただ、オークランドよりは小さいです。

 

回数券がお得!さらに「Leisure Card 」はもっとお得になるが…

 

 ここもオークランド同様、おススメな回数券もあります。10回分払うと1回無料の割引率見たいです(プリペイドカード式)

 

風呂・サウナの回数券もあります。

Leisure Cardは大きく割引(最大50%OFF)になりますが、登録(無料)が必要になります。

登録用紙はフロントにあります。対象者をGoogle翻訳で訳してみるとこの様になりました☟

コミュニティサービスカード保有者です。
②永久的な障害があります。
③緑色の処方箋(GRx)方式になっています。
④スーパーゴールドカードホルダーです。
⑤ウェリントン市住宅テナントです。
⑥過去12ヶ月間に初めてニュージーランドに到着し、居住者ビザを持っています。 この最近の移民基準を使用して1回のみ申請することができます。

この6つの内、1つ以上該当すれば登録することができます。②~⑤はワーホリでは難しそうです。

ただ、①のコミュニティサービスカードが何なのかと、⑥の移住者ビザがワーホリビザも含まれるのかが分かれば登録できる道がありそうです(※未確認です)。

 

ロッカーは、やはり南京錠が必要です!

鍵かけないまま荷物を入れている人もいます。NZは治安が良いので神経過敏になる必要はありませんが、南京錠、買っておいた方が良いです。

 

☝エントランスでコーヒーが買えます!

ウェリントンはカフェが多い街です。あと、オークランドやクライストチャーチと比べ生活しやすいと感じる方も多いと思います。

 

旅次郎もその3つだとウェリントンが一番好みです。

ワーホリ滞在する方、「Freyberg Pool & Fitness Centre」でスイミング。風呂・サウナでリフレッシュはいかがでしょうか?

 

cropped-458d7a737dc021512ff6c8b3eff6d367-1.jpg

おあとがよろしいようで!

旅次郎

(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!
にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
Pocket

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください