【100時間】英語を勉強した3つの成果!  〖英語勉強1000時間への道!〗

Pocket

「今さら英語なんて・・・」

「ホントに学習する意味あるの・・・?」

最初はそんな不安もありましたが、100時間も随分前に越えてちょっとした達成感を感じています!

これからそんなしみじみしている旅次郎が「100時間で気づいた3つの事」について記します!

 

【学習で得た3つのこと】

※イラスト挿入予定地

結論から言いますと

①文法や単語の理解力が上がる!

②言葉が出てくるようになる!

③習慣化!

です!

…なんだか当たり前のことを書いていますね。ですが、取り組む前は初めの通り、なかなか一歩を踏み出せませんでした。

それでは、その3つを掘り下げていきます!

 

①【文法や単語の理解力が上がる!】

この学習は主に「英語組み立て」「英単語8000」「Real英会話」のアプリを使用して、繰り返し例文や英単語を書いています。

繰り返すことで、漆を重ねるように少しずつ理解できるようになっています。

例えば関係代名詞など初めは「?」でしたが、今は「直前の名詞を代わりにつかうんだ…」と把握できるようになってきています。

 

②【言葉がとっさに出てくるようになる】

※イラスト挿入予定地

いつぞや記事にした”On the spot”の件もそうですが、英会話中に学習したことと自分の言いたいことが「ピタっ!」と一致する時があります。

時を重ねるにつれてその一致する時が増えており、「こうやってボキャブラリーが増えていくんだな」と実感しています。

 

③【習慣化】

自分の中ではこれが一番大きい成果です!

スタートした時は1日30分程度でしたが、今では2時間は取り組めるようになっています。

そして、学習も連続100日を越えました!小さいことからコツコツ…とはよく言ったものです。

・・・旅次郎はかつてニュージーランドでワーホリしていましたが、この継続の大切さにもった早く気づいていれば英語習得がもって早かったのではないか…!と、今さらながら悔やんでいます。

 

そんなわけで、英語に直接関係ある成果はこの3つです!

プラス、副産物的に気づけたことが2つあります(↓)

【新しいアイデアが生まれる】

※イラスト挿入予定地

Wikipedia(英語版)で興味あるのもを調べる」

この学習方法は、SNSを通じて知りました。

取り組んでみると、自分の好きな物を調べて英文を写しているので、ストレスが少ないです。。

「好きこそものの…」とはこのことですね!

しかし、難しい単語があり「?」のままで書いていることも多いです。

それは「とっさに言葉が出てくるー」のように、後から「ピタッ!」と重なる日がくると予感しています。

【環境は大事です】

「動画を閲覧・・・」

「ゲームをプレイする・・・」

…などなど、スマホにどれだけの時間を奪われているか身に染みました。

いや、わかっていても画面を開くといつのまにか30分…1時間と時間が奪われてしまうことがあります。

スマホが悪いわけではないのですが、今は学習時にスマホの電源を切っています。

他には、机やイスの心地よさも取り組み方に違いが出ると感じました。

これらのように、体の環境、状況の環境、道具の環境…

環境というのはあいまいな言葉ですが、この大事さにも気づかされました。

【今後の課題】

現在、学習時間は既に150を越えています。その中で新たな問題点が出てきました。

主なのが下記の2つです(↓)

 

思ったよりヒアリングが出来ない

海外で英語のやり取りする中で、確かに英単語が聞き取れるようになっています!

…が、そのイメージが追い付かないことがよくあります。

 

英会話によく詰まる:成果と逆のことを書いています。ボキャブラリーが増えてきていますが、まだまだ自分の言いたいことがスムーズに出てこずヤキモキすることがあります。

確かに学習によって英会話に対しひるまくなってきています。ですが、基礎が足りていないとここで思い知らされます。

先ほど書いた関係代名詞も、構造はなんとなくわかっても…実際、言葉としてなかなか出てこないのが現状です。

これらの問題は

英語番組による「視聴学習」で上げます!

英語を見たり、聞いたり、読んだり、書いたり、そして話したり…五感を偏らせず使っていくことで英語の底力をつけていきます。

【最後に】

理想と現実は違いますね。

先ほどのヒアリングだけでなく、この学習を通じてつくづくそのギャップに気づかされます。

例えば、学習を始める前は「1日10時間!最低8時間はやるぞ!!」と意気込んでいました。

が、現実は1日 2~3時間のペースです。

自分がどんなものなのか、その実力が目の前に現れて打ちひしがれそうになります。

そんな100時間は、花でいう「土を敷いて種をまいた」時期だと感じます。

ネガティブなことを列挙しましたが、良い面をみると、最初は30分でもイライラした学習も2~3時間が苦ではなくなってきています。

そして、今、旅次郎は台湾に居て、英語を使う機会がしばしばあり、そこで「話せるようになってる!」と感じているのもまた事実です。

そうやって土を耕して毎日水を撒いていますが、果たして花は咲いていくのでしょうか?

それは次の200時間越えた後に記事にします!

cropped-458d7a737dc021512ff6c8b3eff6d367-1.jpg

道のりはまだまだ長い…!

旅次郎

(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください