“ヤバイ!”が人を成長させるのかもしれない【119日目】英語勉強1000時間への道!

Pocket

「このままじゃヤバい…!」

そんな気持ちが人を成長させるのだと思います。

 

〖基礎学習〗

 

基礎学習時間合計:2時間

 

旅次郎はかつて「英語が伸びれば海外への旅がもっと楽しくなるだろうな~」とニュージーランドでワーホリを1年3カ月していました。

そして終えてみて感じたことは「思ったより英語は伸びなかったな~」ということです。

そんな軽く受け入れながら日本に帰って待っていたのは、友達や知り合いからどれだけ英語が伸びたのか試される機会でした。

そして披露すると

「あっ……」

…とみんなにお察しされてしまうという自体になりました。

それが何度か続いて、その度に恥をかきました。

そしてその時初めて

「本当にヤバいくらい伸びていなかったんだな…」

と自覚しました。

この「ヤバイ!」という感覚…

それがこの「1000時間~」のきっかけです。

今ではこの学習も200時間を超え、様々な気づきがあり、ワーホリしていた時よりはるかに英語力が伸びています。


それは学習だけの話だけでなく仕事や恋愛…人生の全てに言えるのではないでしょうか?

旅次郎の旅を例にすると

①ノロウイルスにかかり腸がヤバイ!→白湯やビオフェルミンを飲み、腸や体がいかに大切か気づけた。

②食べ歩きし過ぎて7キロ太ってヤバイ!→なぜ太るかというメカニズムに気づき、食事制限やプールで泳いで不要な脂肪を減らす。

③腰に痛みが走ってヤバイ!→姿勢の悪さ、背中の筋肉が強張ることが原因と知り、再発しないような姿勢を心掛ける。

なまじ中途半端な状態より「ヤバイ!」状態になった時の方が、あとあとの事を考えると良い状況を作り出していると考えます。

ピンチはチャンス…程よい危機感は成長を促しますね…このことを以前どこかで書いたような気がしますが。

もちろんそういった「ヤバイ!」を感じる前に動くことが出来たらそれが一番良いのですが…旅次郎の場合はそれがまだまだうまくできません。

 

色々思いの丈を書いて長文になりましたが、「ヤバイ!」という欠乏・不足感で打ちひしがれている人に、それが大きく成長することができる一面もあるということをお伝えしたかったのでした!

 

〖視聴学習〗

今日は3話視聴しました。

ジェシーがすっかりパパです。親になると子供を育てる大役があるので、生き方そのものが変わってくるのですね。

独身だったころなら受けなかったであろう仕事も、親として、そして男として働いていく彼がカッコいいと思いました。

 

ステファニーのダンスが得意な設定がここでも生かされています。

この回にはトミーペイジがゲスト出演しており、彼女は演技を越えて本当に好きなんじゃないかと思わせるほど嬉しそうでした。

 

負けたのが悔しくて、見苦しいことをしてしまうことってありますよね。

この回もステファニーがメインです。

 

視聴学習時間合計:1時間9分(⑮23分+⑯23分+⑰23分)

1000時間まで残り:771時間27

cropped-458d7a737dc021512ff6c8b3eff6d367-1.jpg

おあとがよろしいようで!

旅次郎

【←前日】
【翌日→】
【カテゴリー一覧へ】

(↓)皆様のひと叩きがサイトの旨味を引き上げます!
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
Pocket

3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください